テレスコープ、カレイドスコープ。

norichofu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 04日

欧州旅51…さよならパリ、そして帰国へ

2006年8月26〜30日滞在。
d0090805_0134151.jpg欧州旅日記もこれでとうとう最後となります。うあー長くなっちゃったなあ。
11カ国・22都市それぞれに、当たり前のことだけれど、多様なチャーミングさとインパクトがあって、あそこもここもといろいろ記憶がよみがえって来るものでつい長々と51編まで引っ張ってしまいました。
でもでもまだ向こうで買ったおみやげアルバムなんぞをまとめてみたいので、まだもうちょっと”2006夏/欧州旅”シリーズは続きます。今後もまたふらっとでものぞいてくれるとうれしいです。




在仏トータル7年(くらいかな?)の tomoueちゃん の行動エリア・行きつけの場所にも
連れて行ってもらったり。
d0090805_0594291.jpg


tomoueちゃんが”おやじカフェ”と呼ぶZorba。渋い!たしかにお客はおやじさんが多かった。
フランスのカフェではたいていカウンターとテーブルではメニューの値段が違うみたいで、意外な発見だったなあ。
d0090805_10351.jpg


おやじさん、シルエットで人生なんぞを語る。
素敵。
d0090805_19231.jpg
補色どうし。
d0090805_194533.jpg

ベトナム料理屋が何軒か並ぶあたりへ
ベトナム・フォー(麺)を食べに行く。
香菜やレモンを絞り入れて、さっぱりおいしくて大好きー
ベトナム移民街があるんだったかな、その一画です。
d0090805_110355.jpg

フォーのお供に、三色水というドリンク。
タピオカとココナッツミルクと何やらかんやらが入って、ミルキーでおいしかった!
ココナッツ関連も大好物です。あの風味は魅惑的だー
d0090805_1261015.jpg

曇り空のもと、静かに流れてるセーヌ川。
d0090805_1263166.jpg

ノートルダム寺院。
いつも観光客でにぎわっているみたい。
むかし来たときに展望台まで登ってみました。良き眺めだったー
d0090805_1273663.jpg

ルーブル美術館近くのカフェにて。
雨が降って来たこともあり、休憩。
雨のせいかしっとり静かなふんいき、
なんか落ち着けるいい席だった。

そのほか、有名だという ベルティヨンBerthillon のアイスクリームを食べたり、オーション Auchan というtomoueちゃん行きつけの巨大スーパーマーケットでおみやげのお菓子や紅茶やハーブティーを買い込んだり。こういう大型スーパーでの買いもんってたのしいなあ。関西でもカルフールとか行くとコウフンします!
d0090805_150478.jpg
こういうお茶のアソート(コフレ)などをバカバカ買っちゃいました。






また別の日、geronimoちゃんと2人でシャンゼリゼ通り沿いに歩いてみた。
d0090805_1532785.jpg
雨降りは続く。
↑ この広場の一画に、マリーアントワネットが
ギロチン台にかけられたという場所があると聞いたのですが、
それらしきモニュメントが見つけられず、
わからずじまいでした。
d0090805_1535727.jpg

高級ホテルのホテル・クリヨン前に人だかりが。聞くところによると前日パリでコンサートだったマドンナがもうすぐ出て来るんだとか。時間もあるしgeronimoちゃんとしばらくたたずんてみたけれど、寒いし出てこないしで撤退。パリまで来てなーにやってんだうちらは。ミーハーね☆
あとから”何ごと?”と尋ねてくる人に“マドンナが出て来るんだって”と伝えた時の反応と表情がたのしかったです笑。絵に描いたような”Wow!"とか"Really??"が見れました。
d0090805_1541436.jpg
人だかり〜
d0090805_272891.jpg

凱旋門にてセレモニーが。
だいぶと高齢の方々が、軍の制服らしきものを着て胸にたくさんのバッヂをつけてセレモニーに並んでらっしゃった。






そしてそこからエッフェル塔までてくてくと。
d0090805_217469.jpg


谷間からこんにちわ〜
d0090805_218620.jpg


着いたー!
エッフェル塔の名を聞くと、 ピクシーズの『アレクエッフェル Alec Eiffel』 を思い出す(好きなナンバー!)。歌詞の内容はよく知らないままだけれど。
未だにエッフェル塔には登ったことがありません。

d0090805_2182968.jpg
鉄鋼の網目の模様だって洒落てる。






8月30日の朝には空港へ行かなくてはならないので、
29日はゆっくりめに過ごす。
荷物もまとめつつ、tomoueちゃんの良く行く
近所の青空市場に行ってトロや果物を買ったり、
tomoueちゃんの彼の作った映像作品などを観たり。
映画のコマ割りの意図などを聞いているとなるほどと思った。
とくにクレイアニメーション作品はその制作過程を想像してなおさら感心した。
d0090805_233534.jpg
涙が出そうなくらいおいしかったtomoueちゃんの作った鉄火丼とお味噌汁。お味噌汁なんてずいぶんと久しぶりだあー
↑ 旅の最中は和食欲はそうでもなかったのだけれど、帰ってきてから和食に目覚め、
食べるのも作るのももっぱら和食党になってしまった。
白ごはんの魅力、ダシによって生じる風味の大きな違い、さしすせその織り成す調味料マジックetc、うあー底が深いー
和食党ーーー年齢的にもそういう時期を迎えたのかな??うむー。
2カ月間日本を離れた反動かもしれないし。
でも実際、近年になって、食というものを前より意識するようになった。
食べものが身体に与える役割や影響や恩恵について再確認しはじめた。
当たり前のことなんだけれど、身体をつくり、要所要所を栄養分でもって補ってもらったり、体力を維持してもらってるんだなとあらためて思ったりする。
昨今は食品偽造も危ない添加物騒ぎもひんぱんだからなおさらだなあ。






8月30日、12:35発で日本へ。
tomoueちゃんが途中まで見送ってくれる。
tomoueちゃんの彼の、ニッコリでも下がり眉になってる表情を見て急に名残り惜しくなってきた。
2人にはまたしばらく会えないんだなあ。
d0090805_392047.jpg
パリ北駅。
ここからシャルル・ゴ・ドール空港へ。
なんでだろう、このへんのことあまりよく覚えてないや。
シンガポール航空で飛ぶので、
途中シンガポールで乗り継ぐスケジュールなのですが、
なんと17時間の待機!
航空券を買った時点で覚悟はしていて、
なかなか長時間だったものの、
ソファで眠ったりテレビ観てたりしてると思ったより早く17時間は過ぎてった。
d0090805_3394567.jpg
イランのアフマディネジャド大統領を糾弾中。
そしてそして飛行機にふたたび乗り込み、関西国際空港へ到着。
ここでgeronimoちゃんにハプニングが!
荷物が出てこない…調べてもらうとどうやらシンガポールで荷物からもれた様子。
ぶじ後日、家に届いたからよかったー
久々のわが家、思わず母とハグ!ぽんぽん背中たたき合う。母とこんなのって初めてだ。


--------------------------------------


今でもあの2カ月間の旅は夢だったみたいな感覚がある、なんでか。
でも同時にはっきりとしたいろんな記憶が頭にも身体にも残ってたりするし。
あーやっぱりたのしかったなあ☆☆☆

旅が終わって、geronimoちゃんにたいして、
なんだろうなぜかイトコとか親戚的な感じがしている。
血の感覚?血縁レベル?親心みたいなのもちらほら…2カ月もいっしょに過ごしてたから口数の少なーい日もムッツリしちゃった日もあったけどそんなのはあってしょうがないし問題じゃなかった。
それにしてもお互いケガや急患も無くってほんとよかった。

観光名所やランドマークもそれぞれすてきだけれど、
旅して何がいちばん見たいかというと、
遠い国々にも同じようにある日々の暮らし、かなあ。
その土地々々で、町の片隅で、育まれる人の成長、家族の歴史。
ていうかただただ子どもとお年寄りを見るのがほんとたのしかった笑。
日本でもそうなんだけれど。お年寄りからうかがえる時間の積み重なりや風格、子どもの持つまぶしさやおもしろさ、最近はそういうのに惹き付けられてしょうがない。

もうこんな長旅はこれで封印だとなんとなく心に決めていた。
たぶんその通りになると思う。またどこか行きたくなるかもしれないけど笑。


ではでは、次回からはおみやげアルバムが始まりますー
[PR]

# by norichofu | 2008-02-04 00:00 | 2006夏/欧州の旅 | Trackback | Comments(4)
2008年 01月 06日

欧州旅50…パリ / 幼なじみの住まいへ&ロック・セーヌへ

2008年、明けましておめでとうございます☆
今年もいろいろと精進できたらなあと思います。集中力とか強化したいなあ。
それはそうとお正月から空腹感を感じるスキもないほど
食べてる気がしてまあす。あー罪悪感。飽食だー。
d0090805_242716.jpg新年から映画『リトル・ミス・サンシャイン』を観た。大好きな映画が久しぶりに一本増えた!(ってなんだかえらそうな物言いですみません)とくに笑いながら泣けるラストあたりが秀逸。この映画、すごく良いです!新春って感じに私の気持ちもじんわりあたたかくなりました。日だまりのようにほこほこー。観た方たくさん居てはりそうですね、すごくおすすめです。
そしてそして、まだつづく”2006夏/欧州の旅”編、去年のうちに書き切れればと思っていたのですが2年越しになってしまいました。
以下の日記のフランス・パリがこの2ヶ月間ふたり旅の最終目的地。
でもまだ旅日記のあともおみやげアルバムみたいなものをまとめておきたくなったので、まだもうちょっとこのシリーズはつづくかも…長っ。
ただでさえもう長丁場、気がむいたら良かったら時間があったらまたのぞきにきてくださるとうれしいです。




2006年8月26〜30日滞在。
d0090805_2230597.jpgミュンヘンからとうとう旅の最終目的地パリへ。夜行バスの乗場があるミュンヘン郊外のフレットマニング駅 Fröttmaning へ。
駅からワールドカップの会場にもなった アリアンツ・アレナ Allianz Arena の白いモコモコが見える。← ホームページで観れる夜の電光のようすもかっこいいー。スイスの建築家ヘルツォーク&ド・ムーロンの作品だそうです。面する高速道路では、アリアンツ・アレナのあまりの美しさに見惚れてしまうドライバーが多く、事故が多発しているとか。わお。
ベンチで背中合わせに座ってた男の子にポテトチップスをあげながらバスの出発を待つ。ポリポリ。大きくなるんだよー
d0090805_23223672.jpg
あー『リトル・ミス・サンシャイン』みたいだー(まだ余韻引きずり中)






途中、給油所などに寄りながらパリへ。
d0090805_23242771.jpg
夜明け前後、バスターミナルで。
前にこんなふうな空気の映画を観たような気がするなあ。
d0090805_23324665.jpg
パリではうちら2人の幼なじみ、tomoueちゃんのお家にお世話になる。tomoueちゃんに会うのは、チェコを一緒にまわってからだからほぼ一ヶ月ぶり。
tomoueちゃんと一緒に暮らす彼に会うのはさらに2年ぶりだしうれしかった!
このバゲットでつくってくれたtomoueちゃんのサンドイッチが最高においしかったー
ざるの中の果物は、ミラベル mirabelle。薄皮のブドウみたいなもので、おいしいんですこれがまた!





着いて早々、この日うちらはパリでも大きめのロック・フェスティバル ロック・セーヌ rock en seine へ。うちら3人ともお気に入りの レディオヘッド radiohead ベック Beck が出演☆豪華だ!
パリのtomoueちゃんにしっかりチケットを押さえてもらっておいたのでした。
d0090805_2341457.jpg
この年の ロック・セーヌ 2006 rock en seine (photo) には日本から東京スカパラダイスオーケストラも出演していて、しかも別ステージのトリだったのですごいなあと同じ日本人として正直誇らしかった。メインステージのレディオヘッドと時間がかぶったのでちらっとでも観ることが出来なかったのは残念。
昔ちょこっとスカパラを聴いてた頃もあったし、現在のドラムスは大好きだった フィッシュマンズ の茂木欣一(きんちゃん)なので、 遭遇できたらいいなあと思っていたけどまったくメンバーさんを見かけませんでした。
なんとなくペタリ → フィッシュマンズ 『ナイトクルージング』(youtube)
この曲ほんと好き。絶品。持って行かれそうになります。

d0090805_082415.jpg

グッズや飲食物、スポンサーのテントがずらっと。
これはフランスの音楽雑誌のテントにて。
d0090805_095075.jpg
人いっぱい。メインステージ。うちらはここから観てました。
メインステージは5バンドが出演、フランスのバンドphoenixのステージも観れた。
まだ空も明るい20時前ごろにBeckのステージがスタート、マリオネットやダンサーやミニフィルムなどあの手この手でたのしませるステージ。こういうステージングだけでなく、曲づくりにアレンジにPVにアートワークetcにふれるたび、ベックの頭の中がいつも気になる。
日も暮れた21時30分ごろにトリのレディオヘッド。フランスでもすごい人気だというし歓声もすごかった。これまた大好きな 『street spirit』 (youtube) を聴けたのでよかった。数曲あったかっこいい新曲も、今は先日出たアルバム『IN RAINBOWS』で聴けるのでうれしい。
こうこうと照るまぶしいステージのあと、視覚も気分も暗順応、クラクラ。てくてくと家路につく。






パリ2日目は行ってみたかった カルティエ財団 Fondation Cartier へ。
建築も見どころだそうでおもしろそう。
d0090805_0494794.jpg
建築家ジャン・ヌーベルの設計によって建てられ、
エレベーターの箱などもほとんどがガラスで出来ていて、
世界一透明の建築と言われているそうです。
建物の周囲は庭や緑で覆われていて、太陽の光も射し込み、まばゆい。
d0090805_0511781.jpg
以前、東京で カルティエ現代美術財団 @東京都現代美術館 なる展覧会があったんですよね。
関西にはまわって来なかったなあ。
カルティエ財団はなかなかユニークな作品群を所蔵されているとか。
d0090805_0513635.jpg

企画展の、アニエス・ヴァルダ Agnes Varda の 『 L'ILE ET ELLE ( =島と彼女 ) 』 展を観る。
『 カンフー・マスター! 』などを撮った映画監督ですが、思えば私、彼女の映画を一本も観たことがないなあ。
d0090805_19294969.jpg
あらゆる表現手段を用いた作品が並びます。やはりフィルムや映像を用いた作品がメインでした。






その帰路で、ガレット(そば粉クレープ)を食べにモンパルナス駅に立ち寄る。
d0090805_1134858.jpg
d0090805_114583.jpg
クレープ好きだー。
大阪のうちの近所にも美味しいガレットを食べさせてくれるお店があるので、たまに行ってしまう。
d0090805_1142476.jpg

お店の名前は、Creperie Genia。
98 Boulevard Montparenasse。
パリに来るたびこのお店に食べに来てる気がする。
お店のふんいきも入りやすいのです。






そこから移動して、 ポンピドゥー・センター Centre Pompidou のブックショップでtomoueちゃんと彼と待ち合わせ。
d0090805_1291273.jpg
ポンピドゥー・センターは大幅改装中で、今回は展示も観ずでした。
d0090805_1294713.jpg

ポンピドゥー・センター前でtomoueちゃんたちの友人がパフォーム。
”伝統”や”教育”などと書かれた紙の積木をつぶし、おもむろにプレートに指で赤インクで何かを描いていた。アベマリアの文字、エトセトラ。
d0090805_1442417.jpg

威風堂々。
パリ〜。






夜、幼なじみ3人衆のみで レ・ロマネスク Le Romanesques のおふたりの住まいへあそびにゆく。d0090805_1444820.jpg

まやちゃんという女の子一家のここはけっこうなお屋敷!
ぐるりと案内してもらって庭のちょっとした竹やぶで6人だべるの巻。

d0090805_145766.jpg

いい感じにくたびれた風貌。
ちら見。

パリ2日目の夜はこのお屋敷で更けていく…つづくー。
[PR]

# by norichofu | 2008-01-06 00:00 | 2006夏/欧州の旅 | Trackback | Comments(6)