テレスコープ、カレイドスコープ。

norichofu.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 25日

欧州旅43…オーストリア / ウィーンでフンデルト・ヴァッサーさんの偉業をたどる

■ごぶさたしておりました、すっかり秋もようでございますのね。唐突ですがお知らせ〜
この欧州旅日記ですが、”国別に日記を捜しづらい”とのお声をいくつかいただいていたので、もくじ一覧を作りました。ふだんから右の柱にある“カテゴリ”の一番上にも置いておきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


2006年8月17日〜21日滞在。
d0090805_23462886.jpgスロバキアの首都ブラチスラバから航路でオーストリア・ウィーンをめざす。ドナウ川に身をまかせ〜。バス・船・列車・飛行機などなど、いろんな移動手段を駆使できるのはたのしいです。それぞれの旅情みたいなのがあってきゅんときます。
d0090805_23525787.jpg
船で約2時間ほど。
ちなみに、逆にウィーンからブラチスラバへ向かうのは、川の流れに沿って行くことになるので、所要時間1時間30分と少し早く到着できるみたい。
d0090805_23532244.jpg
ウィーン到着!ドイツ語圏に再び。
仲良しさんね。
イギリスからスタートした旅ももう全体の4分の3ほどを過ぎ、ポーランド〜ハンガリー〜スロバキアと中・東欧をまわってきてウィーンへ。ここらへんに来るとだんだんと西欧に戻って来た感じがする。ウィーンは都会だった。
夕暮れせまる船着き場の対岸には国連ビルの立派でシャープなつくりの新築ビルがさんぜんと建ってた。うちらは現在地をちょっと思い違いしていて、地元のおばあちゃんたちにわからないドイツ語でやさしくあたたかく根気づよく教えてもらった。ずっとニコニコしてくれてたなあ、かわいい…なんだかほだされる。とくに小さいおばあちゃんってそれだけでもうなんかたまらないものがあるのはなんでだろう。






地下鉄に乗り、西駅へ。宿は予約していたWombats Hostel
d0090805_0252871.jpg
ロビーでは日ねもすMTVらしきプログラム、これはWeezerが歌ってる。サバサバしててかっこいい受付の黒人系のおねえさんはよく歌いながら踊りながらみんなを迎えてた。
この宿は改築したてできれいで、バックパッカー向けの値段のわりに設備も良くって、キーもカードキーでしっかりしてました。






身軽になって、国立オペラ座などがあり人のにぎわうウィーン中心部へ。
こういう街に来るたび、ちょっとはクラシック音楽を聴いてみないとなあと思う。
楽曲をたのしめたら、なおその背景や物語をつかめたら、その街のたのしみ方がぜったい広がると思うから。
ウィーン中心部のランドマークのひとつ、シュテファン寺院に行ってみる。
d0090805_0422562.jpg
シュテファン寺院。高い2つの尖塔は137mあり、寺院の塔では世界第3位だそうな。
d0090805_0424077.jpg
シュテファン寺院前のにぎわう広場、シュテファンプラッツ。
このあたりはオペラやコンサートの客引きさんがとても多い。いちおう礼儀としても、ちょっとはパリッとした格好であれば行ってみたいんだけどな。
d0090805_0425422.jpg
おごそかな寺院内部。地下にはカタコンベ(白骨の山)があるそうな。歴代の皇帝の内蔵が入った壷も。わお。ツアーもあります。
d0090805_043621.jpg

またも高い場所を求めて。
6年前にウィーンに来た時も登って今回もまた。
343段の階段で、73mのところまで行けます。ふう。
尖塔は工事中で、視界はところどころ悪かった。






そこからてくてく歩き、ナッシュマルクト (市場)naschmarkt へ。6年前来たとき通いつめてたお気に入りのインド料理屋 Indian Pavilion をめざす。
d0090805_130567.jpg
これまた前回とおんなじ組み合わせの、ラムカレーとマンゴーラッシーをいただく。うま!
d0090805_1323066.jpg

市場にほど近い、カールス教会前の池で。
ざぶざぶ。
d0090805_1324435.jpg
このあと、犬がぶるんと身体の水をはらったので飼い主さんにほとんどかかり、ちびっ子もみんな大笑い。
d0090805_1382960.jpg
←どこかの教会。青。
ウィーンに来ていたlinちゃんと再び落ち合い、野外フィルム上映に行く。夜に、市庁の壁面を利用して大きくオペラやミュージカルのプログラムを映し出し、客は世界の料理やアルコールをたのしむ、という粋なもの。こういうかたちででもオペラをたのしめて良かった!






翌日、朝!
今日はうちらのお気に入りのオーストリアの画家、フンデルト・ヴァッサーさんの遺した偉業をたどる!
d0090805_1504680.jpg

まずは氏が設計したフンデルト・ヴァッサー・ハウス hundertwasserhausへ。
実際ここに人がふつうに暮らしていることがうらやましい。内部はどうなってんのかな。
うちらはこの旅のちょっと前に『フンデルト・ヴァッサー展』(@京都近代美術館)でもおさらいしたのだけれど、日本にも氏の設計した建造物はけっこうある。大阪には、舞洲ごみ処理場(トップの写真)や、キッズプラザ大阪のこどもの街など2つもある。とくにごみ処理場なんて、もうほんとかっこいい。粋。
d0090805_254776.jpg

お宅訪問してみたい。
d0090805_263611.jpg

通り抜け道と噴水。どこかアドベンチャーな気分〜
d0090805_27811.jpg

建物の一階にはカフェやおみやげ屋さん。






d0090805_211441.jpgそこからドナウ川方向に沿って数分歩いたところにクンストハウス・ウィーン kunsthauswienがあります。kunstはドイツ語で芸術、ここはヴァッサーさんの作品を展示した常設部分が大半を占め、企画展も行われている美術館です。
d0090805_2154451.jpg
チケットもグーです。まさしくパズルピースみたいに厚紙で出来ています。
d0090805_2155693.jpg
裏面。何種類かパターンがあります。
d0090805_2244461.jpg
うがー。すごい。やられそう。
たくさんのヴァッサーさんの絵画のほかにも、タペストリーや設計図、建造物模型などが展示されています。
d0090805_224592.jpg
『 Grass for those who cry 』。
うずまく渦巻き。
d0090805_2253669.jpg

自然を愛したヴァッサーさんは、環境保全などに関連したポスターをよく手がけてらしたそうです。
d0090805_2194832.jpg

ごきげんヴァッサーさん。奥様が日本人の方だったこともあり一時期は日本で暮らしてたそう。
d0090805_220665.jpg

かぶりもの、どれも似合ってる…てゆうかやはりずいぶんと男前だなあ。


お次は、『MuseumsQuartier』 なる多種のミュージアムを始め文化施設集約な一帯へまいります。
2000年に訪れたときにはまだ建設中だったのでたのしみだった場所。敬愛するエゴン・シーレやクリムトの作品から現代美術、子どもの知育施設からサブカルチャーまでがそろっているユニークなところです。
[PR]

by norichofu | 2007-10-25 00:00 | 2006夏/欧州の旅 | Trackback | Comments(4)
2007年 10月 25日

もくじ一覧

■欧州旅日記について、”国別に日記を捜しづらい”とのお声をいただいていたので、もくじ一覧を作りました。
ふだんから右の柱にある“カテゴリ”の一番上にも置いておきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

■ふだんの日記アゲイン
2014年 4月 22日  お久しぶりです!/お知らせなどなど
2010年 12月 31日  もうすぐ新年☆/キッズプラザでボランティア/初めての引っ越し、etc.
2008年 07月 22日  Tシャツのきせつ / 暑中お見舞い申し上げます号 /// 友だちの結婚式、てづくりパン&ココナツジャム、プール、etc.
2008年 04月 24日  春まっさかり/チベット伝統音楽,イラスト仕事,etc.
2008年 03月 22日  Watch & Save Tibet

■2006年夏/欧州の旅 (完結!全52編となりました)
欧州旅52…おみやげアルバム&歌舞伎鑑賞に銀杏BOYZライヴ
欧州旅51…さよならパリ、そして帰国へ
欧州旅50…パリ / 幼なじみの住まいへ&ロック・セーヌへ
欧州旅49…ドイツ / ミュンヘンのあたらしい現代美術館
欧州旅48…ドイツ / ミュンヘンに到着、旅も終盤へ
欧州旅47…ドイツ / フュッセンでノイシュバンシュタイン城を拝む
欧州旅46…再びドイツ / ニュルンベルクはちいさなかわいらしい町
欧州旅45…オーストリア / ウィーンでのスナップそのほか
欧州旅44…オーストリア / ウィーンのMuseums Quartierはアカデミックなかほり
欧州旅43…オーストリア / ウィーンでフンデルト・ヴァッサーさんの偉業をたどる
欧州旅42…スロバキア / ブラチスラバのお城や街をゆく
欧州旅41…スロバキア / 首都ブラチスラバへ&東京トリップ
欧州旅40…ハンガリー / ブダペストまだまだてくてく
欧州旅39…ハンガリー / ブダペストのシゲット・フェスティバルへ行く&kiiiiiii個展@大阪graf
欧州旅38…ポーランド / アウシュビッツ訪問〜ハンガリー国境越え
欧州旅37…ポーランド / クラクフへ南下!&さよなら河合隼雄先生&岡山県笠岡市へゆく
欧州旅36…ポーランド / あれこれワルシャワ散歩&父の生霊& 100sライヴ
欧州旅35…ポーランド / パベウさんのワルシャワ案内 & 石川県紀行
欧州旅34…ポーランド / はじめてのワルシャワ!
欧州旅33…ベルリン / 食事や買い物・こまごま情報
欧州旅32…ベルリン / まったり現代美術
欧州旅31…ベルリン / 歴史が残した足あと、きずあと。
欧州旅30…ベルリン / 近未来的なポツダム広場&BECK@zepp osaka
欧州旅29…ベルリン / 映画ロケ地をたどる&高いところだいすき
欧州旅28…デンマークDDCに人魚姫 / そして海越えてベルリン&世界水泳2007&『善き人のためのソナタ』
欧州旅27…デンマーク / コペンハーゲン:ブラックダイアモンド
欧州旅26…デンマーク / レゴランド後編&『ビル・ヴィオラ はつゆめ』展
欧州旅25…デンマーク / レゴランド前編:職人魂を見た!の巻
欧州旅24…デンマーク / コペンハーゲン:はじめての北欧
欧州旅23…チェコ / プラハに戻りてくてく縦横無尽
欧州旅22…チェコ / チェスキー・クルムロフへ遠足
欧州旅21…チェコ / プラハにて幼なじみ3人集結の巻
欧州旅20…ドイツ / フランクフルト
欧州旅19…ドイツ / ケルンのルートヴィヒ美術館&more
欧州旅18…ドイツ / ケルンの大聖堂にも登ってみた
欧州旅17…アムステルダム / アンネの隠れ家&街そこかしこ
欧州旅16…ユトレヒト/ 街のそのほかの顔
欧州旅15…ユトレヒト/ ディックブルーナハウス訪問
欧州旅14…オランダ / ひと足のばしてユトレヒト
欧州旅13…オランダ / はるばる飛んでアムステルダム
欧州旅12…マドリッド/ ピカソの大作『ゲルニカ』
欧州旅11…アディオス、さよならバルセロナ&『 ロシアのかわいいデザインたち 』 &『 セント・オブ・ウーマン 夢の香り 』&『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』
欧州旅10…コロニア・グエル&もこもこモンセラット
欧州旅9…バルセロナ / サグラダ・ファミリアに登る
欧州旅8…バルセロナ / ガウディ建築巡礼
欧州旅7…バルセロナで海をひさびさに見た&いじめについて&日本シリーズ日ハムvs中日
欧州旅6…空港で一泊、そしてバルセロナへ
欧州旅5…ロンドン / ノエラん家・カムデンマーケット
欧州旅4…ロンドン / ギャラリーやら移民街
欧州旅3…ロンドン/ 街歩きにマーケット
欧州旅2…英国ソールズベリー
欧州旅1…ロンドン行きフライト&洋書店『ランダムウォーク大阪』へ



■そのほかの日記
2006年 09月 05日 帰国いたしました〜
2006年 07月 02日 欧州旅にいってきます〜&9月まとめ/同級生の結婚パーティ、会社同僚グスタボさん、パベウさんの英会話、退職日
2006年 06月 29日 5月まとめ/『アール・ブリュットのかわいい雑貨たち』展、『野獣死すべし』
2006年 06月 27日 4月〜5月まとめ/フンデルト・ヴァッサー展、執行役員と同僚さんとディナー
2006年 05月 29日 4月まとめ/ポーランド人の先生の英会話教室@図書喫茶ダーチャ
2006年 05月 28日 「幸せな家庭〜」 バトン
2006年 04月 26日 4月まとめ/under the cherry trees/夙川で夜桜お花見、めいっ子ゆみちゃんと桜見
2006年 04月 25日 4月まとめ/リリー・フランキー『東京タワー』
2006年 04月 24日 4月まとめ/前世喫茶へ行く…どうやらストイックな歴代の私の前世
2006年 04月 15日 3月まとめ/アラーキーさんに写真を撮ってもらう、映画『大人は判ってくれない』
2006年 04月 08日 1月〜2月まとめ/奈良美智展『home』@大阪graf、&more
2006年 03月 07日  おもしろいおもしろい、坂本龍一、佐内正史、『共感覚者の驚くべき日常』
2006年 02月 01日 『ドイツ写真の現在』展 & 『ONGALOO feat.VIDEO NANOO ヤマタカEYE×宇川直宏』
2006年 01月 03日 ハッピーニューイヤー2006
2005年 12月 24日 『Land of Plenty』/ ヴィム・ヴェンダース監督作品
2005年 12月 18日 素敵なカメラ
2005年 12月 10日 ライヴバトン
2005年 11月 20日 レ・ロマネスク(fromフランス)のライヴ(@大阪市西区新町・BEATLES)
2005年 11月 05日 知り合いさんのライヴ (@大阪谷町・伽奈泥庵)
2005年 10月 21日 やきにく日和(@大阪市住吉区『花園園』)
2005年 10月 05日 阪神 VS 横浜 (阪神公式戦最終ゲーム)
2005年 09月 17日 100s のライヴ (ZEPP OSAKA)
2005年 09月 11日 9/11なにわLIVE”いのちのこと”---夜空に立ちのぼっていくこだま和文のトランペット
2005年 09月 06日 ようこそiMac
2005年 08月 31日 8月まとめ / 今月から始めたこと…断煙と腹筋
2005年 08月 30日 8月まとめ / サマーソニック’05&お墓参り
2005年 08月 10日 スペースカウボーイ(宇宙飛行士・毛利衛さんのインタビュー)
2005年 08月 01日 U2のボノと島田洋七
[PR]

by norichofu | 2007-10-25 00:00 | もくじ / さくいん | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 05日

欧州旅42…スロバキア / ブラチスラバのお城や街をゆく sanpo

2006年8月14日〜17日滞在。
d0090805_23165050.jpgスロバキア訪問・後編です。
首都ブラチスラバは比較的こぢんまりした街。徒歩でもじゅうぶんまわりやすい市内をまだまだ歩きます〜


向こうに見えるのはブラチスラバ城。市民からは“ひっくり返したテーブル”などと呼ばれているそう。なるほどお、うまいことゆうなあ〜
d0090805_23331548.jpg
ブラチスラバ城〜市内を、同じ宿 Orange hostel に泊まっている一人旅中の関東の大学生ダマケンくんと3人で市内をまわる。なんとも好青年な彼は卒業旅行でヨーロッパをまわっているという。そうそうこの宿ではケルンで会ったlinちゃんに再会してびっくらおどろいたんだっけ!
その4人で Bagel & Cofee Story で朝食を食べた。このお店、今どきよくある感じのすっきり白い内装で、街の一画でちょっと浮いてる感じが印象的だった。それほどブラチスラバの街は年季と時のかさなりがよく現れている。それが私のこの街を気に入ったひとつのゆえんでした。
d0090805_23522161.jpg
← ブラチスラバ城の敷地内。
このお城はぶっちゃけとても地味で、
それは”王室だけが贅沢華美に暮らしていてはいけない”、という過去の国王の意向からだそうです。
d0090805_23553574.jpg
← 王宮の吹き抜け。校舎みたい…外観、ほんと地味だあああ。
同じ敷地内にあるスロバキア博物館に行けば宝飾品などが展示されてはいるそうです。
d0090805_05892.jpg
ブラチスラバ城側から対岸を見る。
↑ 向こうに無数に広がるブロック状のはマンションや団地。
川の向こうはまんまベッドタウンだそうで、別世界的。
d0090805_018352.jpg
橋を渡って大きい公園のある対岸へ。
高架下にて。なんて書いてあるんだろう。
d0090805_0193396.jpg
子どものあそび場にて。
かわいいペインティング!
d0090805_0213374.jpg
あああ快晴!てくてくてくてく。
お城もあんな遠くに。

d0090805_0221658.jpg

うがー。
きらめいとる!






d0090805_0294558.jpg

アート系の書物を扱う本屋さんに遭遇。
これは、映画や舞台などのチラシがばんばん貼られた掲示板。
奥の小さなテーブルスペースでは初老の男性がコーヒーを飲みながら本を読んでいた。うちらをおだやかなほほえみで見つめてくれたのが記憶に残る。
d0090805_030233.jpg
広い店内、たくさんの印刷物。
文字は読めなくとも知的好奇心をあおられる〜
d0090805_0505617.jpg
またまた出会ったフィアット。
すてきな黄色!
d0090805_0511081.jpg






d0090805_0421987.jpg
ふと見上げ、何だろうこれと思ったら…
d0090805_0424945.jpg
ガムの広告だった〜
すごーいこれ良くできてる〜
d0090805_0484712.jpg

ハニワ?ハニハニ。
何の広告だったかわからないけれど、人型がコワイよう!
料理教室?






d0090805_0551545.jpg
スロバキアの伝統工芸品を扱う uluv (ウルヴ) へ。素朴な厚手の陶器やざっくりニット、うつくしいレースなどがたくさん!
元はスロバキアの伝統工芸の保存伝承を目的として組織された集まりだとか。
市内に4店舗あるそうです。
d0090805_1105750.jpg
私は自分のおみやげにこれを購入。冬のあいだ、自転車に乗る時にぬくぬく大活躍でした〜
450SK(スロバキアコルナ)=約¥1,800でした。






d0090805_1175889.jpg
市内中心部にあった市場。
スナックスタンドや食堂もあるので、
うちらは連日よくここに入り浸ってました。
d0090805_1193186.jpg
その市場にある自然食品屋さんで買ったハーブ飲料みたいなもの。すっごくおいしい!水に軽めに甘さと香りがある程度で飲みやすいし、甘さ等もすべて天然のものから作ったのだそう。いろんな種類があり、効用や体調でチョイスすると良いそう。
2種を買ってgeronimoちゃんとちびちび飲む。
d0090805_11953.jpg
その自然食品屋さんのマダム。
試飲させてもらって即決でしたわん。
d0090805_142660.jpg
市場にある食堂でラーンチ☆
↑ この時は、お気に入りのポテトパンケーキ(正式名称忘れちゃった)と、牛乳と思って選んだちょっとすっぱいヨーグルト飲料を。
d0090805_1425416.jpg
ここは地元のひとたちが集まる食堂、トレーを持ってほしいものをチョイス&オーダー。安くてとってもおいしかった!!
d0090805_1431178.jpg

ほとんどスロバキア語でしか書かれていないので、お店のひとがこそっと英語表記のメニューを渡してくれたよ。






そのほか、スロバキア料理!!
この旅ではほんと中欧〜東欧の郷土料理のおいしさにはまりました。
d0090805_1551896.jpg
だだだだ大好きハルシュキ!
↑ ハルシュキは、スロバキアの郷土料理の代表格で、ジャガイモと小麦粉を練って作ったニョッキに、濃厚なチーズソースと熱々カリカリベーコンがかかっています。
もちもちしたもの好きだし、たまに本気で食べたくなります。
d0090805_271933.jpg
← チーズ入り七面鳥(または鶏)のフライ。
中欧〜東欧の国ではカツレツやフライを植物油でなくラードで揚げるそうで、そのためサクサク感がまた違っておいしい〜衣も日本のパン粉とは違いそうだし。
カロリーはすごそうだ。
d0090805_274750.jpg← 肉まんの皮のようなクネドリキのスライスと、煮込みもの。野菜もたっぷり煮込まれて栄養滋養満点。


さよなら、スロバキア! そして次なる目的地、オーストリアの都市ウィーンへは、ドナウ川を下って航路で参ります〜
[PR]

by norichofu | 2007-10-05 00:00 | 2006夏/欧州の旅 | Trackback | Comments(10)