テレスコープ、カレイドスコープ。

norichofu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々生活( 14 )


2006年 04月 08日

1月〜2月あれこれメモライズ

d0090805_044151.jpgd0090805_045136.jpgd0090805_05134.jpg(←奈良美智+graf『home』展より)
近過去メモライズ。記憶が薄れないうちに・あれやこれやを忘れないように書き書き。いつも一気に書いてしまう・・・まめに書いたらいいものを、なんでか出来なーい。

●1月末
tomoueちゃんフランスより一年ぶりに帰国中!で、Geronimoちゃんと私とで集まった。うちら3人は中学からの友達で、途中ブランクがあったものの長〜いおつきあいの仲。お互いの近況や旅計画の話でなんやかやまたたく間に6時間もたってたのにはおどろき。
後日この3人でキムチ鍋&パジャパ(パジャマパーティー。←あはは〜恥ずかしいネーミングをあえて持ってきた)も決行。

●2月あたま
両親の結婚記念日at節分。43周年のはず、おめでと〜ありがと〜。今年は贈り物ではなく、かに道楽の会席へご招待。かに三昧を楽しんできた様子でよかったよかった。

●2月上旬
tomoueちゃんとゴトウくんと3人でインドネシア料理を食べに行く。パリ話、仕事の話、音楽やアートシーンの話、などなどをだべる。とある大手企業で ADをつとめるゴトウくんはかなり忙しいらしく、おひらきしたあとそのまま会社にUターン。休日返上の会社泊。わー、おつかれさまですほんとに。

●2月上旬
奈良美智さんの展覧会『home』を観に、大阪中之島のgrafへ。ここはずっと気になってて、これが初めての訪問。
奈良さんの絵画は、特別な思い入れで注目していたわけでもないのに、私にとっては長らくふしぎな・妙な位置にあって、それがなぜなのかはよく判らない。判らないままほっておいた。なんだか、眺めれば眺めるほど、どうつかんでいいのか判らんようになっていく感じ。
”好き”でも”きらい”でもなく(それも単純な分け方だけど)、心にひっかかりながらもなんか落ち着かない。こそばゆい、とゆうか。
思えばこれが、奈良さんの作品を初めて目の前で観る機会。この展覧会には立体作品やアトリエそのまま持って来て再現、みたいなものもある中で、絵画はただ一枚のみ大きいのが壁にたてかけられていた。女の子の正面向いた顔がでっかいキャンバスにどーんと。
それを観て、なんとなく、その意識の中のモヤモヤが腑に落ちたような。うまく言えませんが・・・。
あらためて、静かな絵を描くなぁ、って思った。

grafの他のフロアにはダイニングカフェや家具販売もあり、一階ではまさに家具工房も稼働中。アンディ・ウォーホルじゃないけど、ファクトリーっていう感じ?いい集合体なんだろうなきっと。

奈良美智さん+graf 『home』
http://www.graf-d3.com/gm/yn_graf/index.html

●2月中旬
年末にふんぱつして購入したフォトショップ。それを用いて進めたイラストを初めて納品。どきどき、でもたのしかった!
私の進め方は、線画をスキャンして、色や網かけを彩色。はぁ〜便利だなぁ、それにいろいろ機能面でも可能性があるようで、まだまだ教本片手にフムフム学び中。

●2月下旬
tomoueちゃん帰仏寸前なので、Geronimoちゃんとで集結してキャラオケへ繰り出す。60〜80年代の洋邦のなつかしい曲が今日は炸裂。tomoueちゃん、また夏に会おね、サリュー!

●2月下旬
2/22で、断煙してから半年。わおぅ。ふだんは意識しないけれど毎月22日になるとカウントしてしまう、今日で何カ月目だ、って。
『決心した気持ちをあの本に(「禁煙セラピー」)背中押してもらった感じ』プラス『自己暗示』とでクリアできたのかな、と思いつつ、あの意識の切り替えは今でも自分でもふしぎ・・・同僚の子もこの本で断煙を始めて2カ月、同じ感想をゆってました。むむむ、恐るべき著者、アレン・カー氏。

●2月下旬
ジム・ジャームッシュの『コーヒー&シガレッツ』を観て気づいた・・・ビル・マーレイはうちの母方のおばあちゃんに似てる!激似。
ついでに私のおねえちゃんは、ヘレナ・ボナム・カーターに似てる!(『ファイトクラブ』等に出てる)
これはほんと激激激似。見せたいくらい。

そしてまだまだまとめはつづく。
[PR]

by norichofu | 2006-04-08 00:00 | 日々生活 | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 07日

おもしろいおもしろい

d0090805_23543870.jpg
(↑きゃはははは〜)

タイトルにひねりがありません今日は(いつも、かな?)。ですがですが、最近見かけた興味深かったものをいくつか。
以下紹介するふたつの文面に共通するのは、人の・他人の感覚という、実感としては絶対うかがいしれないもの(想像はできても)が垣間みれたかも、っていう点です。

■坂本龍一氏インタビュー(鶴田真由さんホームページより)
http://tsurutamayu.com/dialogue/rs.html
音楽家って・・・音って・・・ううむ!
読みながら、”はぁー、そうなんだー”とますます不思議な謎な気分に。
この他にもHP内で鶴田真由さんは味のある方々をインタビューされてます。質問のしどころ・掘りさぐり具合が、やっぱりふつうのイチ女優さんではなさそうで・・・読み応えあります!
HP内の旅の写真もよかったです。

■写真家、佐内正史さんブログ「サナイマ」
http://blog.excite.co.jp/sanai/2526828/
『文学的魅力のほうがすごい強いの』・・・わーおぅ。
場所のことをそんなふうに言い表すのを初めて聞いた気がして軽くパンチくらった感じ。
この人の写真集を、図書館で借りてほとんど観たけれど、内容が写真半々・言葉半々だったりして、
いつもこんなふうに言い捨てるような・つぶやくような散文が。写真ばかり観てて、そっちは斜め読みだったし、はっきりいっていつも『なに言ってるかよくわからへん・・・』って思っていたぶん、この日のブログは鮮やかでした。

あと、感覚という点で、ちょっとはずれるけど、ずっと気になってまだ読んでない本が。
■『共感覚者の驚くべき日常』(草思社)
http://www.bk1.co.jp/product/2164511/review/85392
(↓簡単な説明)
『一般的な健康条件の持ち主が、ひとつの感覚に付随し別の感覚をおこすこと。視覚と聴覚を、視覚と触覚を、嗅覚と聴覚を連動して動かしてしまうことをいう。19世紀後半から20世紀前半にかけて関心を持たれていたもののそれ以降は忘れられていたが、アメリカの神経科医リチャード・E・シトーウィックの研究により再び関心が高まっている 。
  共感覚を持つ人はある感覚に伴って丸であったり格子、なめらかな手触りや塩味など、極めて単純な要素を感じる。シトーウィック医師が研究を始めるきっかけとなった共感覚者は味に形を感じる。美味しいチキンを食べると顔や手に「とんがった形」を感じるのだ。また鋭く甲高い音を聞くと赤く光るしみを見る人もいた。これは我々が日常で使っている比喩表現ではなく、共感覚者にとっては実際に起こる感覚で、その感覚は数十年経っても変わることはない。  
 作家のナブコフ、宮沢賢治、ランボー、ボードレール、音楽家のフランツ・リスト、スティーヴィー・ワンダー、画家のカンデンスキー、ジョージア・オキーフらも共感覚者だったと言われる』
-----こういうの、すごく興味引かれる!しかしどうやらこの本は学術的な・医学的な内容の様子。あまりにすべてがチャキチャキ解明されすぎてないことを願います。
 
■今、行き着いて発見、共感覚について描かれた邦画『ギミーヘヴン』が近日公開されるそう。
http://gimmy-heaven.com/index.html
宮崎あおいちゃん、かわいいなぁ。
[PR]

by norichofu | 2006-03-07 00:00 | 日々生活 | Trackback | Comments(0)
2005年 09月 06日

ようこそiMac

d0090805_204950.jpg■9/6--- iMAC来宅!カモナマイハウス!

このたび iMAC G5を買いました。初めての自分のパーソナルコンピュータ。うううううれしい!
Photoshop等で絵を描くのにもずっと使いたかったのを、なぜか今まで買わず、今になってやっと。
まだまだいろんな機能も熟知していないし、勉強中です。
iTunesとかiPhoto, Dashboardとか、すごい使える!いじくってると面白いし。
なんでも出来そうで、おもちゃ箱みたいや。

MAC購入の前後にいろいろ相談に乗ってもらったり質問に答えてくれた、ra-menくん、しるこさん、しるこさんの旦那さま、会社の同僚くん、にあらためてお礼を。ありがとう!
なんせ勉強中なので、ひきつづきまたよろしくお願いします!
[PR]

by norichofu | 2005-09-06 00:00 | 日々生活 | Trackback | Comments(0)
2005年 08月 31日

始めたこと / 8月まとめ

d0090805_19561973.jpg■8/22から始めたことがふたつほど

とある週末に小さな嵐のごとく(ゴォー)私の中で意識改革があり(おおげさ!)、ふたつの決意を思い立ったのでした。
ひとつは、定期的にする腹筋運動、もひとつは禁煙です。
意識改革って言っても、時々ふっと来るいつものと同じで、そこに丁度、とある銀行のテレビCMで乙葉が『計画立てて決めた事をきちんと続けると、ひとつ大人になった気がしませんか』というシンプルで真理を突いた鋭い?メッセージに触発され。

腹筋は、一番目に見えて成果が出てきやすい所だし、自転車通勤くらいでしか運動をしてないし。しかーし、最近腹筋運動をする日にちの間隔がだんだん空いてしまってる。いかんいかん。

禁煙(断煙と呼びたい)は、以前からうっすらと決意していて。MACも購入するし、クリーンな環境で、というのも大きい。その気持ちをベストセラー本『禁煙セラピー』を読むことで背中を押してもらったような気がする。今で断煙してから2カ月が過ぎました。パチッとスイッチを切り替えたみたいにスパッとやめれた事が、自分でも妙な感じ・・・ちょっとした催眠術のように感じられる。
[PR]

by norichofu | 2005-08-31 00:00 | 日々生活 | Trackback | Comments(0)