テレスコープ、カレイドスコープ。

norichofu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 24日

欧州旅49…ドイツ / ミュンヘンのあたらしい現代美術館

2006年8月23〜25日滞在。
d0090805_2382048.gifミュンヘンには2002年に開館したばかりの、 ピナコテーク・デア・モデルネ Pinakothek der Moderne ( 現代美術館 )があり、日本でも雑誌などで取り上げられていたので、たのしみにしていたミュージアムのひとつ!これまたたっぷりとした空間のミュージアムで、大がかりな作品もばんばん展示してありました。




d0090805_23383554.jpg

アルテ・ピナコテーク Alte Pinakothek (近代美術館)の前で。
Cy Twombly サイ・トゥオンブリー の名はここまででもいくつかの美術館でほんとよくお見かけした。
ピナコテーク・デア・モデルネ Pinakothek der Moderne の隣りには、
18世紀~19世紀の近代絵画をあつかう ノイエ・ピナコテーク Neue Pinakothek と、
そこからまた時代をさかのぼり古典巨匠から18世紀までの絵画を所蔵する アルテ・ピナコテーク Alte Pinakothek
が並び、年次を追って順にたのしめそうです。
3館みっちりまわるには時間がだいぶ要りそう!
なもので、うちらはピナコテーク・デア・モデルネのみ訪ねました。
この一帯にはほかにも、古代美術博物館、彫刻館、
レンバッハハウス美術館などがあり、
ミュンヘン大学もあったりしてなんともアカデミック度が高そうな地区です。
d0090805_23472381.jpg
吹き抜けのメインホールに作品がばんばん。
右のはビニール板でつくられてました。かなり巨大。なんだろうなこれ!ははあー

現代美術の、”かくあるべき”みたいなうんぬんはよくわからないけれど、観ててなにがたのしいかっていうと、人の発想や思考回路や感覚的なものがうかがえるから、という気がしている。
自分が持ち得た・自分にしっかりしみついてしまった感覚以外のものを通して世界を見れる機会ってそんなにないと思うんだけれど、それが出来るというか。そんな気がします。
d0090805_23475435.jpg

いろんなプロダクトものがずらりと。
車やバイクなどもショールームさながらに並んでた。
d0090805_23482550.jpg
d0090805_175269.jpg
d0090805_23491923.jpg
真っ白なのにまぶしすぎないからよけいに静けさがあった。
つくりもおもしろい建物です。
d0090805_0183117.jpg
ショップもこれまた豊富な品ぞろえ!
文具やら雑貨類もたくさん。







さてさて内部は〜!
d0090805_0235310.jpg
Jeff Wall の作品。何やら事件性のあるシーンが。ケンカかもめごとか。
Jeff Wall は映画のような手間と人手と時間をかけて撮った写真作品を、ライトボックスで展示しはる。どの一枚も緊張感があったりユーモラスだったりするけどやはり何かしらの事件性があって、その前後の時間経過がとっても気になってくる。
d0090805_0341433.jpg

ここでもお目にかかりました、ドイツ美術界の巨匠、ヨゼフ・ボイスのお部屋。
アンディ・ウォーホールの、ヨゼフ・ボイス像のシルクスクリーンもあった。
d0090805_0434096.jpg
アンディ・ウォーホールの前で仲良しこよし☆
かわい子ちゃんたち。
d0090805_0462535.jpg
パウル・クレーの絵てなんか好きなのねー
d0090805_0473140.jpg
↑ スキだー、 ウォルフガング・ティルマンス Wolfgang Tillmans !彼もドイツが誇る写真家て感じでしょうか、けっこうたくさんの枚数が展示されてた。
そのほか、企画展示室ではハンス・ベルメール展も。裸の少女のデッサンや人形がたくさんあった。耽美なものがありました。







地下にもいろんなプロダクトがてんこもり〜
d0090805_19734.jpg

おもちゃのような歴代マッキントッシュ、すてき〜
むかし勤めてた会社に小さいのが一台あって、いじってみたくてしょうがなかった。
d0090805_1115656.jpg

この右のバランみたいなのって何に使うのかな。
d0090805_1143319.jpg
↑ ドイツのコーラ、 afri cola のCM写真。80年近くもドイツで飲まれ続けているそうです。世界最高レベルのカフェイン量なんだそう!
日本にも今はないけどジョルトコーラっていうカフェイン2倍を売りにしたコーラがあったっけ。私の友だちは大学受験の時期にジョルトコーラとカフェインの錠剤を飲んで受験勉強を乗り切ったって言ってました。目がらんらんとしそうね。







d0090805_124244.jpg
地下鉄のホームで。
d0090805_1242019.jpg地下街にあったクリーニング屋さん。
d0090805_12437100.jpg

またまたコーラ。
このコカコーラZEROは欧州でこの頃に新発売で、街頭で無料で配ってるのにたまに遭遇。炎天下のベルリンでおねえさんがニコッと冷え冷えのコーラをくれた時は女神に見えた!もしくは菩薩さま!ヨーロッパってそういうの多いみたいで、ロンドンではピノみたいなアイスクリームを配ってたし、時には新製品のインスタントコーヒーやシリアルなんかも配布するとか。
このコカコーラZERO、日本での発売はこの一年後の2007年の夏だったからだいぶ後だったので意外。洋画公開並みにずれるものなのね。
d0090805_1245516.jpg
見るとなんだか撮りたくなる新聞販売機。

[PR]

by norichofu | 2007-12-24 00:00 | 2006夏/欧州の旅 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://norichofu.exblog.jp/tb/6799868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by とも at 2007-12-26 01:24 x
プロダクトデザインも美術として扱われてるのかな?
こう観るとやっぱりドイツも巨匠が多いねんなぁ。ティルマンスなんかはモード雑誌で初めて観たような気がするのに、最近はよく美術館などで観るよね。
Commented by norichofu at 2007-12-28 00:51
>>ともさん
ドイツって工業に長けてるイメージあるしなあ。実際そうなんやろうね。
そういえばグラフィックデザインものなどは
あまり置いてなかったなあ。
たまたま展示がそういう時期だったのかもしれない。
ティルマンスの近年の、水を撮ったような写真も
どこか不可思議で良いなあと思ったわ。


<< 欧州旅50…パリ / 幼なじみ...      欧州旅48…ドイツ / ミュン... >>