テレスコープ、カレイドスコープ。

norichofu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 22日

欧州旅23…チェコ / プラハに戻りてくてく縦横無尽

2006年7月25〜27日滞在。

d0090805_23372711.jpg
チェスキー・クルムロフでの一夜は明け、後ろ髪引かれつつもプラハへ戻る。
d0090805_174740.jpg
↑ チェスキー・クルムロフのバスターミナル。さびれててがらんどうで簡素でそれがまたイイ!
行きと同じ中距離バスでプラハへ。席の予約は出来なかったので、”満席にならずにちゃんとこの便に乗って帰れるかなぁ”と心配していたけれど、バスはけっこうすいていた。
うちら3人とも車中でひろびろスペースを取って、足を投げ出したりしてくつろぐ。あいかわらず車中は暑かったぁ。




プラハ到着。

d0090805_18897.jpg
わくわくする黄色(バスの写真が続いて、まるでバスマニアのブログのよう…)。
おとといに引きつづきお世話になる安宿Levirに戻り、すぐまた街へ繰り出す。




d0090805_1223277.jpg
↑ 右は国民劇場。19世紀にドイツ支配下にあった時代に、“チェコ語によるチェコ人のための舞台を”という志しのもとに建てられたそうです。
左はラテルナ・マギカLaterna Magika。HPをうかがうと舞踊をメインとしたプログラム…何やら前衛的な香りも。ヨーロッパ建築選集みたいな本でここは目玉のひとつとして掲載されていましたが中には入っていません。
お隣同士、異なるたたずまいですが、意外となじんだ感じがしていました。中世の街並みの残るプラハには、こういった、ラテルナ・マギカのような新しく独創的な近代建築物もちらほらあるようです。




プラハは毎日オペラやクラシックコンサートが上演されていて、お値段もお手頃。客引きさんもたくさん居ます。
前回来たときは、パントマイムとマリオネットを掛け合わせたような演目を観ました。いろんな技に見せ場に感心したっけ、ひじょうにおもしろかったです。会場だった小さなホールも、街の隠れ家的なふんいきで良かった。
d0090805_15920100.jpg
夕暮れのプラハ城とヴルタヴァ川、カレル橋。はっきり写ってないのですが、この橋は世にもうつくしいと言われる橋です、景色です。はぁ〜ロマンティックだわ。
プラハ城は、世界でも最も大きい城のひとつなのだそうです(ギネスブックによると、最も古くて大きい城とのこと)。プラハ城は世界遺産じゃないのかなと思っていたら、プラハ地区全体が世界遺産に指定されているようです。わおぅ。




翌日、そのプラハ城へおもむく!うおー。
宿のお兄さんがナイスヴューだグッドコースだというルートをすすめてくれたので、その行き方でお城をめざす。プラハ城をぐるりと裏手からまわる、という。な、なんだか坂道がつづくんだけど。
d0090805_27558.jpgd0090805_281673.jpg
坂の途中に停車してた車。この黄色イイ!こっち(ヨーロッパ)って、たまらない色の車によく出会います。くー。


d0090805_13491375.jpg
着いたー。↑ 全景の写真が無いのでWikipediaより拝借。
ちょうどうちらが着いた頃にタイミングよく門衛兵の交代式(儀式ちっく)がありました。キリリとしたもんです。
d0090805_2294925.jpg
プラハ城内の聖ヴィート大聖堂内部。日射しのせいか金色で、おごそかでした。
入口から左3番目のステンドグラスは、チェコ生まれの画家、アルフォンス・ムハ(ミュシャ)の作品。
d0090805_1418406.jpg
(↑ こちらもWikipediaより)。
プラハ中心部にはミュシャ美術館もあります。今回は訪ねませんでしたが、こぢんまりとした建物にミュシャの歴代の作品・仕事(看板やポスター等)がつまっています。




d0090805_2353473.jpgお昼ごはん&パフェ☆
ムフフ。
プラハ城につづいて、お城の裏手にあるというチェコ・アニメーションを代表する作家ヤン・シュヴァンクマイエルJan Svankmajerのアトリエ兼ギャラリーへ。tomoちゃんは氏の作品が好きで、場所の詳細も調べてくれていたので石畳の路地をてくてく歩いていく。この辺りの舗道、とてもいい感じだった。
d0090805_2411511.jpg
ここがそのガンブラ・シュルレアリスティカ・ギャラリー。新旧チェコ・シュルレアリスト作家の作品を扱う専門ギャラリーで、狭い店内には平面・立体作品のほかに関連書籍やヴィデオも販売。
ヤン・シュヴァンクマイエル氏の作品のほかに、息子さんの作品等も。たしか店主のおばさまはヤン・シュヴァンクマイエルさんの姉妹、だったかな。うろ覚え…。
私はヤン・シュヴァンクマイエル作品を未だひとつも観たことが無いので、いちど観てみようと思う。




d0090805_3163626.jpg長文ね。何て書いてあるのか…。左は広告かな。




ミュージアム・カンパMuseum Kampaへ。
ここはヴルタヴァ川の中洲のカンパ島にあり、チェコの作家の作品を中心に所蔵しているとの事、それにたまたま駅の広告で見かけた開催中のヨゼフ・ボイス展も気になったので行ってみた。
d0090805_4442278.jpg
↑ この巨大な椅子はここの目印。これきっと作品なんだと思います。
d0090805_4472193.jpg

中庭。
作品ごろごろ。
d0090805_4481510.jpg
↑ 企画展『ヨゼフ・ボイス』展。氏の映像作品もいくつか観れました。やっぱり大半わけわかんなかったです。あはは。なんかね、時間記録・事象記録みたいで。
ヨゼフ・ボイスは大学の授業でよく先生が取りあげてました。美術史等では影響が大きかったという点でもこの人を避けて通れないのかなやっぱり。未だよくつかめない。もっかいおさらいしたいです。しよう。
d0090805_575592.jpg
アバカノヴィッチ!再会。大学入りたての頃に、授業で『アバカノヴィッチ展』を観に滋賀県立美術館まで行ったんです。けっこう衝撃だったので鮮明に記憶してます。ポーランドの作家だったのね。

d0090805_581432.jpg
シンプル消化器マーク。




夜の旧市街広場。金色や〜。左にあるのが仕掛け時計。
d0090805_5222184.jpg
馬車が走り、教会の鐘の音がひびく。どこかでアコーディオンが聴こえたり。
あああ素敵だ。d0090805_5223591.jpg

[PR]

by norichofu | 2007-02-22 00:00 | 2006夏/欧州の旅 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://norichofu.exblog.jp/tb/4801568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by lin at 2007-02-22 16:38 x
きれいだよね、プラハ。
私のBPは、国民劇場の裏あたりだったので、何度もそこを通ったよ。
川沿いにお城を眺めつつ。
お城に行く坂道で、運良く、ストリートジャズに会えました。
Commented by とも at 2007-02-23 04:23 x
プラハって金色やってんなぁ…
もっとゆっくり回りたかったわ。
食べ物も美味しかったしね。
またいつか行くぞー!
Commented by norichofu at 2007-02-23 22:48
>>linちゃん
あ、うちらもジャズメンに遭遇したかもしれない!うろ覚え…。
カレル橋の上で似顔絵描きさんにはたくさん会いました。
ほんと似顔絵描きと大道芸人にはたっくさん遭遇したこの旅でした笑。
Commented by norichofu at 2007-02-23 22:52
>>ともちゃん
食べ物はおいしかったねー!チェコ料理を始めとする東欧諸国の料理、この旅でとても気に入りました。もっと調味料やインスタントスープとか買って帰ればよかったなと今になって思ってます。
Commented by gero at 2007-02-27 22:58 x
この日の私は壮絶猛烈強烈な下痢で、アトリエやらミュージアムが気もそぞろで、辛かったなぁ~。でもコーラは飲んでたか?
Commented by norichofu at 2007-03-01 12:42
>>geroちゃん
確か、ともちゃんにもらった薬でましになったんだったっけ?
コーラは飲んでた気がするなぁ。あと、繁華街でアイスクリームも食べたような…。およよ?


<< 欧州旅24…デンマーク / コ...      欧州旅22…チェコ / チェス... >>