テレスコープ、カレイドスコープ。

norichofu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 28日

欧州旅20…ドイツ / フランクフルト

2006年7月21〜22日滞在。
d0090805_1421738.gifケルンからお次はフランクフルトへ列車で移動。この区間もレイルパスを使いました。
d0090805_1474197.jpg
向かいホームにご夫人方ぞろり。真ん中のおばさまが私の母方のおばあちゃんに風貌そっくり…



フランクフルトへ来るのは2度目ですが、2000年に来た時と変わらず近代都市、というかとっても都会でした。
大企業の超高層ビルが林立していて、旧建造物も緑も多いのにとても近代的な匂いがする街。経済都市のイメージも(たぶん高校のときの世界史の影響)。それもそのはず、ドイツの大手銀行本店のみならず、EU金融システムの元締めである欧州中央銀行もこの街に置かれているのだそうです。
国際見本市会場もここにあり、前に勤めていた会社でも時々同僚さんが出張されていました。
d0090805_5111322.jpg
大通り・ツァイル通りの文具屋さんの看板です。
d0090805_2215582.jpg
マギーのイートイン!うちらは食事しませんでしたが、メニューはマギー製品のインスタントそのものが(ちょっとさみしい)。奥ではお料理教室が行われていました。キッチンまわり用のノベルティグッズも販売していました。ここもツァイル通りにあります。
d0090805_5112610.jpg
マクドナルド同様、ロゴが気になる。




1日目の晩御飯は、ビアホール街のような一画、ザクセンハウゼンで。夜が更けてくるとビール好きのおやじさん達が集まってくるところです。ドイツ料理をたべるぞぅと意気込みお店をあちこち吟味。
d0090805_238403.jpg

とあるお店の看板わんこ。
↓ やっぱりドイツに来たらソーセージかしらね!ザウワークラウトSauerkrautというキャベツの酢漬けの付け合わせとともに。これがまたさっぱりおいしいんです、ザウワークラウトにはここから東欧にかけてあちこちの国で出会うことになります。
d0090805_2465481.jpg
d0090805_247164.jpg
↑ ハンドケーゼHand kaseという酢漬けのチーズ!この地方名物だったかな、Geronimoちゃんがガイドブックでチェックしていて、このお店で尋ねてみると扱っているとのことで即オーダー!ゴムの塊のような弾力のある変わった食感で、酸味もあり、おいしかった!
d0090805_2473685.jpg
↑ ”エスカロープ(カツレツ)とマッシュルーム”。イモおいしい、キノコおいしい。ぱくぱくですわ。ヨーロッパでいうカツレツはどうやら植物油でなくラードで揚げているそうで、さくさく感が違っていておいしい!!!食べ過ぎるとやばそうです。
d0090805_5475634.jpgそのあとマイン川沿いに散歩がてら家路へ。あひるおばさんたちに遭遇。パンをあげていました。
d0090805_54813100.jpg
このお2人、すごく仲良さそうでかわいらしかった…うちらは密かにあとをつけましたもの…。




うちらの泊まった宿は、駅前のHotel Europa。一泊のみでしたが、この旅のなかで唯一ビジネスホテル風な宿でした。バックパック背負っているのが恥ずかしかった…。
ツインで予約したのがダブルしか空いてないとの事だけどノープロブレム、ひさびさの個室なのでバスルームでたまった洗濯を一気にしました(大部屋だと干す場所に困ったりするのです)。d0090805_5432190.jpg
d0090805_3151040.jpg
イタリアから来たというフロントのおじいさま。ダンディでしたわ…日本に一時期住まれていたそうで日本語を少し話せる方でした。

d0090805_5545623.jpg
部屋の窓から。




d0090805_5553275.jpgマイン川沿いの蚤の市へ。古着や布ものがなかなか充実、クロスとかがたくさんありました。
d0090805_5551626.jpg壮観〜。蛇口じゃぐち蛇口。
時々牛乳も飲んでバランス良く栄養補給〜。
d0090805_343317.jpg

d0090805_5554830.jpg
エホバの証人ご一行様のツアーバスに出会う。




フランクフルトには11もの博物館・美術館があるそうです。だけども今回も、たのしみにしていたフランクフルト近代美術館のみへ(前回はユダヤ博物館にも行ったのですが、小規模で、ドイツ語のみの説明しか無く、さらっとしか観ていません)。
ここには荒木経惟さんの作品も数点所蔵してあって、ビョークのポートレイトが展示されていたのを覚えています。
d0090805_425181.jpg
この美術館は、その姿かたちから、地元市民からは“ショートケーキ”のニックネイムで親しまれているそうです。

d0090805_5144976.jpg企画展『Humanism in China』も観る。中国の今むかしの市民の生活ぶりをおさめた写真がずらり。中国って色んなものがうねってそうだ。そのモノクロの写真群に、むせかえるようなエネルギッシュなものがあったので、なんだかくじけそうになった。お腹減ってたからかしら。どのみち”恐るべしチャイナ”とか思った。
d0090805_4223969.jpg
Serge Spitzer & Ai Weiwei 『territorial』(2005-2006)。コラボレーションとのこと。ひとつの器が色付けされる過程をずらっと段階的に。



d0090805_530458.jpgヨゼフ・ボイスの作品。ドイツが誇る美術家ヨゼフ・ボイスの作品には、このあと行く先で度々たくさん出会います。
d0090805_532859.jpgナム・ジュン・パイクさん再び!『One candle』(1988)。この頃にはうちらはパイクさんの発想のおもしろさ・ユーモアにすっかり参ってしまってました。うっとりです。これはでもまた違った一面を垣間みた気が!
d0090805_4352761.jpg
デビッド・リード『Judy's bedroom』。ヒッチコックの映画『めまい』の一場面のセットをカラフルに再現。

[PR]

by norichofu | 2007-01-28 00:00 | 2006夏/欧州の旅 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://norichofu.exblog.jp/tb/4635945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by wasitaka at 2007-01-29 02:45
フランクフルトは13年前に出張でデュッセルドルフから電車で行ったことがあります。
しかし1泊のみで、滞在時間はわずか18時間ほど。
ビールの自家醸造の調査のこと以外はあまり記憶にありません。
結構近代的なビルが目立ったことぐらいでしょうか。
道中のライン川の景色は素晴らしかったですね。

去年行ったフランクフルト-オーデルの方が当然記憶が鮮明です。
Commented by tomo at 2007-01-30 05:35 x
norichofuって、ほんまに町の何気ない所にある可愛いモノを見つけるのがうまいなぁって思う。
私も待ち歩きする時はデジカメ持参で外出しなくては!
Commented by norichofu at 2007-01-31 02:03
>>wasitakaさん
13年前からだと今はきっとビルがたくさん増えているのではないでしょうか、フランクフルトはなんだか人気(ひとけ)がまばらなせいかビル気?が多く感じられるんですよね。
列車からのライン川の景色は、本当に綺麗ですよね!静かな雰囲気で。
Commented by norichofu at 2007-01-31 02:11
>>tomoちゃん
ほんと?ありがとう〜!なんか、知らない街とかに行ってあれこれ見てると眼球が忙しくなるよね笑。足と胃袋も忙しいけど…笑。
Commented by lin at 2007-02-04 00:03 x
私もHotel Europeは少し検討した。でも別の格安ホテルとBPに泊まった。フランクフルトは近代的なところもあり、緑もあり、よかったよ。
Commented by norichofu at 2007-02-05 01:36
>>linちゃん
体調は回復しましたか??
フランクフルトに前来た時はユースホステルに泊まったのよね、設備全体が広くて快適だった。私は中央駅前辺りのアラブ街のふんいきもけっこう好きです☆


<< 欧州旅21…チェコ / プラハ...      欧州旅19…ドイツ / ケルン... >>