テレスコープ、カレイドスコープ。

norichofu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 29日

4月 / ポーランド人の先生

d0090805_0581182.jpgd0090805_183759.gif
(左:図書喫茶ダーチャのロゴ。かわいい〜)
(右:ポーランドの国旗)

先日の、『前世喫茶を訪問』ネタの続き。ただいま前世喫茶「カフェ・ローデストン」は改装中につきしばらくお休みだそうです。もし行かれる方は事前に確認をした方がよいかも。(だんだん宣伝みたいになってきた〜。E.T.ちゃん情報ありがとね)

●4月末
ステキなお姉さん方お三人さん(ラヴ!)が運営している、図書喫茶『ダーチャ』で毎週開かれている英会話レッスンに参加してみる。今日は先生を含めて5人で。大阪・動物園前のフェスティバルゲート内にあるここは、毎週日曜日オープンの図書喫茶以外でも、展覧会やワークショップが開かれている、とても発展的な良い空間!雑貨や本も売っています。

先生は、ポーランド人男性のパベウさん。大阪外国語大学在籍の留学生で、英語も日本語も流暢!母国ポーランド語はもとより、他にも中国語やドイツ語、韓国語もたしなんでおられるそう。すご〜。授業の合間にも、漢字の読みとか熟語の意味を逆にいろいろ尋ねられたりして、知的好奇心旺盛なちっちゃい子みたいでかわいらしい。ネイティヴ日本人のうちらも全然見たことがないような画数の多い熟語を、ソラでさらさらさらっと書くので、仰天!歴史の本を読んでたら出て来た単語なのだとか。感服。
外国語の言葉や文字の成り立ちっておもしろいもんね、単語やことわざにもばりばり慣習や文化が出てたりして。中でも、おもしろいなって思ったのはエスペラント語の存在。人工言語と呼ばれるらしく、ある学者が、学びやすくて新しい国際語を、という理想をもとに作り出した言語。成り立ちはヨーロッパ言語に近いそうで、いくつかの国際機関でちゃんと公用語として使われているのだとか。

この夏にヨーロッパをまわる計画をしていて(with Geronimoちゃん)、ポーランドも目的地のひとつに入れていたのです。そうこうしているうちにダーチャのお姉さんから英会話レッスンの事を聞き、レッスンついでにポーランドの事をいろいろ聞いてみようと思って今日初めて参加。ポーランドに行くつもりだと言うと、パベウさんはワルシャワの実家の住所をさらさらっと気前良く書いてくれたりして。ウェルカムですよとにっこり。ええのん?ええのん?ちょうどその頃に帰国しているのだとか。
何かと話題が尽きず、予定していたレッスン時間も大幅に延びちゃった!先生大サービス。教室というわりに堅苦しさがなくって、ポーランドのあれこれの話を聞いたりして、文化交流会?みたいでおもしろい。また参加しよ〜。
お茶やドーナツなどもいただき、帰りにはノッチさんが本を貸してくれたり、あれこれだべったりしてたのしかったです。(ノッチさん、orange99さん、山下さん、ありがとうです〜)

図書喫茶ダーチャHP 『ダーチャの本棚通信』
http://dachadacha.exblog.jp/
[PR]

by norichofu | 2006-05-29 00:00 | そのほかのこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://norichofu.exblog.jp/tb/3747089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 4月〜5月フンデルト・ヴァッサ...      「幸せな家庭〜」 バトン >>