テレスコープ、カレイドスコープ。

norichofu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 15日

3月まとめ/アラーキーさんに写真を撮ってもらう

d0090805_314583.jpg
d0090805_3183093.jpgd0090805_31053.jpg
まだまだ続く、アゲインandアゲイン、3月のまとめ。

●3月上旬
年の暮れに申請したままほったらかしのパスポートを受け取りに行く。初めての深紅の10年旅券!菊の紋にも赤がぴったり合って、かっこいい。今まで5年間有効の紺色ばかりだったので、この赤がより格調高く映る。
ここパスポートセンターと同じビル内に大阪府立現代美術センターがあり、そこで働く大学の同級生のアキヤマにばったり。ハップニング!わわわひさしぶり〜。彼女は翌日から始まるヤノベケンジ展の準備に奔走中。それでもほいほいとスタッフルームに呼んでくれて、いろいろパンフレットやチラシや招待券などをくれた。ありがとね〜。「お互い変わらないね〜」ほんとやなぁ、実はそれはけっこう貴重なことかもしれないな。

●3月いっぱい
DVD鑑賞マンスリーフェアーな3月。DVDプレーヤーを持ってないその反動で、MacでDVDを観れることにあらためて歓喜し、立て続けにあれこれ観る。いかにもインドアな冬の過ごし方。
なかでも、十何年ぶりに観たフランソワ・トリュフォーの『大人は判ってくれない』にすっかり参ってしまった!くぅ〜、すごくいい、この映画。特に好きなシーンは、回転遊戯で遊ぶシーンと、ラストでドワネル少年が砂浜を海に向かって走ってゆくシーン。そして最後の表情も。音楽もいいなぁ。
このあと後日、主人公の少年が成長していく『ドワネルシリーズ』(4作品)を全部観てしまった。
ヘヴィだった少年期に比べて、大人になるにつれてどことなくコミカルさやだらしなさ?が増していくドワネルの日常に、どこか親心みたくホッとした。

●3月半ば
同僚の子たちと人生初の神座(かむくら)ラーメン&ハーゲンダッツカフェへ繰り出す。うまー。
御堂筋でバイクと人の衝突事故の瞬間を耳にする。バイクのボディが地面にこすれるキュキュキュキューって音が長らく耳に焼き付く。
難波で谷川俊太郎似の浮浪者を見かける。まじ似!

●3月半ば
あのアラーキーこと荒木経惟さんにポートレートを撮ってもらいました。
氏のライフワークである、『日本ノ顔』プロジェクトの一環で、大阪帝国ホテルが企画した『大阪ノ顔』100人を撮るというイベント。マイミクシィのorange99さんがこの企画のことを教えてくれて、応募してみたら見事撮ってもらうことになりました。情報ありがとうです〜。

当日は、やーもう緊張した!
ものの5分ほどでしたが、アラーキー氏とのやりとりのひとつひとつに、どきどき・ハラハラ・うっとり・・・でもやっぱりキンチョウ。 公開式の撮影だから、人垣が出来ているし。
肩先ではねる髪のハネを何度か直してくださった時は、なんかトロ〜ンと来た。どきどきや。
眼が優しいひとでした・・・いでたちも強烈、緑色のTシャツにピンクのサスペンダー、そしてゴールドのエナメル調の靴。
4月末からOAP内で展示するそうなので、出来た写真を見るまでは、なんだか半信半疑みたいな感じ。

アラーキーさんの作品集はたくさんありすぎて、それほどちゃんと観たことも無く。
その中でも私は、アラーキーさん編集の写真集『恋する老人たち』がすごくいいと思った。世界各地のお年寄りのおちゃめで素敵な姿が満載。ラヴリー。
他には、ずいぶん前に自伝的映画の『東京日和』を観に行ったっけ。竹中直人と中山美穂が荒木夫妻の配役。陽子夫人に関連した作品集だけでも、いつかはちゃんと観なくてはと思っています。

いつでもセンセーショナルな話題の多い方だから、うちの母のように「あー、藤田朋子のヌード写真集撮った人ね」とかいう印象が一般的に先行してたりもするのかな(そんなだから、前日になって「やめとき!」と軽く反対されました〜振り切ったけど)。
[PR]

by norichofu | 2006-04-15 00:00 | 日々生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://norichofu.exblog.jp/tb/3746593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 3月まとめ / 前世喫茶へ行く      1月〜2月あれこれメモライズ >>