テレスコープ、カレイドスコープ。

norichofu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 05日

阪神 VS 横浜 (阪神公式戦最終ゲーム)

d0090805_1825785.jpgんもう本当にこの日の試合はドラマティックだった!とはいっても、直々に観戦したのではなく、家でサンテレビ(関西ローカル)の中継を。野球の説明ってした事ないけど書きます。
リーグ優勝してから約一週間後の、甲子園での公式戦最終ゲーム。先発投手は下柳投手37歳!大いに優勝に貢献したベテランです。熊みたいな・山ごもり人みたいな風貌がすてきや。
下柳投手は、ヤサ男のようなボクトツとした感じの人で、ヒーローインタビューも年一回だけ、と球団側と約束しているそう(それでもしゃべるとウケる)。恥ずかしいから、というのが理由だけれど、そこにみんな(ファンや他の選手)は、不言実行な・武士道的な頼りがいを感じている。犬が大好きで、個人的に聴導犬普及に協力されてたりする。ええ人やなぁ。

まとめて言うと、この日の試合は、チーム全体が「下柳投手を最多勝利投手にするんだ!」、というひとつの思いのもとに繰り広げられたものでした。
たとえば、
・横浜攻撃中に、あわやホームランか、という打球を外野の赤星選手がダイビングキャッチ!(背の小さめの選手なのに!やるぅ)
•あまりホームラン打者ではない鳥谷選手がホームランを放ち、逆転!
•通常は5、6イニングで投手交代する下柳投手が、攻撃でバッターボックスに立つたびに沸き起こる歓声!これがあったかくてのう。
---などなど。

んで、同点で迎えた延長10回、若手の鳥谷選手の劇的サヨナラホームランで阪神がサヨナラ勝ち、そして見事に下柳投手は最多勝利投手に!結局10回まで完投したのです。37歳、すごーい!
上の写真は、白星決定後にバッテリーの矢野捕手と抱き合う下柳投手。うれしそうな、いい顔!
若手選手がベテランに花を持たせるなんて!
しかも今日は鳥谷はホームランを2本も。
うちの阪神ファンのお父さんも感激のあまり絶句。
『こんな事もあるんやなぁ』とポーッとしてた。

うちは阪神ファンで、お祖父ちゃんの代からスポーツニッポンを取っている(他に毎日新聞と夕刊フジも。ごっちゃですな)。うちのお父さんによく甲子園観戦に連れて行かれてた甥っ子も、みごと阪神ファンになり(された?)、今年入学した中学からは野球部に入部。なかなか青春してるみたいです。うふふ。

今年の阪神はサヨナラ勝ちが多くって見応えがありました。
中でも、この日の試合は特別では!何回もリプレイして観たいです。観に行ってた人たちも、感動して泣いた人が多かったみたいです。

日刊スポーツWeb(この日の試合についての記事)
http://osaka.nikkansports.com/otr/p-ot-tp1-051006-0008.html
[PR]

by norichofu | 2005-10-05 00:00 | そのほかのこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://norichofu.exblog.jp/tb/3741554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< やきにく日和      100s のライヴ (ZEPP... >>