テレスコープ、カレイドスコープ。

norichofu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 30日

ごぶさたです、で、8月まとめ。

d0090805_19532569.jpg
今年の夏も暑かったー。

■8/13---SUMMERSONIC'05 AT OSAKA(大阪・南港)
野外フェスティバルin殺風景な埋立地。朝10時から開演しているところを、のんびりと夕方近くからGO(ある人から、やる気ないなぁ、と軽く罵声をいただいた)。お目当ては、ウィーザーにオアシスにティーンエイジファンクラブにラーズといった豪華すぎる面々。
なんだけれど。
これだけの顔ぶれをそろえているのにな、と残念な気持ちも少しはあった。もったいないとゆうか。
それは音響面や運営面・このフェスティバルの空気、などから感じたこと。ふだん更地の空き地だし音も悪いはずだ、とはいえ。
私はこのフェスティバルにお目当てが出演する年だけ行ってますが、年々良い雰囲気じゃなくなって来てる。運営側がお祭り色を打ち出そうといろいろ提供しすぎているような。こういうのってもっとフリーな・自然な方がいい。

ラーズ観たかったなぁ、オアシスと時間がかぶっちゃったからなぁ。しかしオアシスは2枚目のアルバム『モーニング グローリー』から粒ぞろいの曲をたくさん演ってくれたのでうれしかった!

■お墓参り
うちは本家で、祖父も祖母も一緒に暮らしていました。家には仏壇もあり、ご飯をお供えしたりと、ほぼ毎日手を合わせる機会があります。小さい頃からお仏壇の前に立つと、やっぱりご先祖様のことを意識してキリッとしたものです。
それが、いつからかなぁ、ありがたすぎて頭があがらない存在だなぁと(私の父母含めて)思い知り。ご先祖からいのちが脈々とつながってきて今ありがたいことに私が存在できるのだけれど、産まれてきたことも含めた・そのタイミング(時代・時点)が私には奇跡で。ありきたりな例えになるけど、人との出会いも、数ヶ月・数年産まれるのずれてたら今とは違ってたはずで。もっと俯瞰して見たら、この時代に・この国の・この家の子供の三番目に産まれたっていう確率。例えば、私は3人兄弟の中で一番好き勝手させてもらっているのですが(その後ろめたさも有り!)、もし8歳上のお姉ちゃんの時代と立場(長女)だったら出来なかったこと・選べなかったことがあるだろうなとか。あともちろん生活水準も高い先進国の豊かな国・日本に産まれたことも。相対的に見るとありがたさがよくしみる。こういうのって奇跡的な確率なのでは。いかんいかん、だらだらせずしっかり生きないと。喝が入る、背筋が伸びる。むー!
話題のマンガ、『不思議な少年』(山下和美)にもこういうテーマを描いた章があって、とても共感できた。ほかにも、今年の春から夏にかけて、マンガ『戦争論』(小林よしのり)を全巻読んで、このシリーズで氏が描こうとする事の根底にも。あのねー、『戦争論』は、本当におすすめです。これは読んどくべき本だったんだと思った。この本についてはまたあらためて話したいです。
[PR]

by norichofu | 2005-08-30 00:00 | そのほかのこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://norichofu.exblog.jp/tb/3735754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 始めたこと / 8月まとめ      スペースカウボーイ >>